トップページ > 記事閲覧
2012年度から2016年度のゼミの記録
日時: 2017/06/06(Tue) 23:50
名前: 浦井 憲
参照:
先に消失した2012年から2016年に至るゼミの記録を、時間的順序も問わず、手元に残っていた写真のみから、どんどん再生して行きます。後から2017年度の新しい掲示板で、まとめ直します。
記事編集 編集
スーパーコピー 財布 キーケース icカード
日時: 2022/11/22(Tue) 05:55
名前: 116597
参照: https://www.japan456.com/product/detail-7673.html
ウブロスーパーコピー時計
卸売各種偽物ブランド:ロレックス時計,
カルティエ時計,オメガ時計,
ウブロ時計などの世界にプランド商品です。
当店のブランドコピー 時計(N級品)は本物
と同じ素材を採用しています。
スーパーコピー,本物を真似た偽物.模造!
記事編集 編集
ロレックススーパーコピー
日時: 2022/11/19(Sat) 08:58
名前: 269674
参照: https://www.taka78.com/products-8564.html
迅速・丁寧に対応頂きお品物も素敵で満足しています。
また機会がありましたらヨロシクお願い致します。
★ルイヴィトン★パドロック★カデナ&カギ×1★ゴールド★
スーツケースのカギを失くしてしまったので、代替品として購入しました。
写真では少し黒ずんでいましたが、実際はとてもきれいな状態でした。
割安で購入できて、本当に助かりました。
記事編集 編集
スーパーコピー エルメス ピコタン 予約
日時: 2022/11/16(Wed) 13:03
名前: 561693
参照: https://www.jpwatchs777.com/goods-copy-7657.html
ルイヴィトン財布
弊店では信用第一主義を徹底しており社員全員下記の方針のもとに頑張っています。
1.不適合品を入荷しない。
厳しく受け入れ検査を行い、お客様に満足いただける品質のいい物だけを入荷する。
2.不適合品を出荷しない。
出荷前に細部まで二重確認を行い、お客様からご注文頂いた商品を納期通り出荷する。
3.お客様からのクレームゼロ
お客様第一主義を徹底し、お客様からのお問い合わせ、苦情等に対して積極的かつ丁寧に対応いたします。
記事編集 編集
オメガスーパーコピー
日時: 2022/11/15(Tue) 19:10
名前: 853898
参照: https://www.tentenok.com/product-11294.html
スーパーコピーブランドN級品専門店
史上最も激安ブランドスーパーコピー-即日 配送可,100%入荷。
当店は正規品と同等品質は品質3年保証でご注文から5 日でお届け致します。
て新品、高い品質、激安 、送料は無料です( 日本全国)すべての商品は品質2年無料保証です。
記事編集 編集
2016年7月26日 夏休み課題と当該年度の共通テーマ
日時: 2017/06/07(Wed) 00:29
名前: 浦井 憲
参照:
夏休み前ですが、早々とゼミ共通テーマが決まっています。

 「国民、市民、大衆、人間」

最終的には、大衆、市民、国民、人間と並べ直したように思いますが、このように、いわば「我々」を指す言葉の違いの背景に、様々な「社会」の捉え方があることを、参加者各自のテーマを元にして考えようというのが、この年度の意図でした。

記事編集 編集
2015年12月15日 ゼミ共通テーマ 今日の日本と世界
日時: 2017/06/07(Wed) 00:21
名前: 浦井 憲
参照:
今日の世界の実状を、グローバル化とローカル化の綱引き状態と見ることを背景に、ゼミ参加者の個々のテーマを配置したところ。

 各人のテーマに合わせて、経済学理論におけるキーワード、多国籍企業、下からの力、コース命題、独占、所有といったものが見えます。

 参加者も良く分かるので、こういう写真は貴重ですね。

記事編集 編集
2015年12月8日 モノグラフのテーマ選択 日本の現状
日時: 2017/06/07(Wed) 00:16
名前: 浦井 憲
参照:
日本および世界の現状をグローバル化とローカル化の対立軸で見るという、この年度のモノグラフの背景テーマと全体の構図を示したところです。翌年(2016年)の英国の EU 離脱や、トランプ大統領の誕生を十分に予期した、先見性に満ち溢れるテーマでした。

 右の図は、謎です。左は、たぶんこの日のテーマに関わる書き込みでしょうか。

記事編集 編集
2015年11月24日 マルクスにおける「取り違え」とバブル
日時: 2017/06/07(Wed) 00:09
名前: 浦井 憲
参照:
おそらく誰かの報告があってこの話になったのだと思いますが、マルクス的な意味での「取り違え」という話と、いわゆる Money(公定不換紙幣)を考える上での実質と名目の乖離。そのような乖離をどう見るかという立場の相違について、述べているようです。

 背後で後から(おそらくゼミが終わってから)書いたと思われる雑な図は、貨幣をどのように経済学モデルで取り扱うかという話と、あとはベーシックインカムの話をしたのかもしれません。

記事編集 編集
2015年11月17日 不確実性についての取扱い
日時: 2017/06/06(Tue) 23:58
名前: 浦井 憲
参照:
標準的なミクロ経済学理論において、不確実性をどのように取り扱うか。

 確率論的な状態のとらえ方と、条件付き財の考え方。一般均衡理論において、Uncertainty を取り扱う方法についての概説。いわゆる静学と動学をつなぐ考え方の基礎について、簡単に、学部生向けレベルで説明した、ということだったと思います。

 いちおう、ありとあらゆる社会問題論ずる上で、経済学理論の基礎をきちんと押さえておくことも、大事だということで、この年は結構、時間の余った中で、ミクロ理論の勉強もきちんとしました。

記事編集 編集
件名 スレッドをトップへソート
名前
メールアドレス
URL
画像添付


暗証キー
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
コメント

- WEB PATIO -